アクネ菌が黒ずみになるニキビの原因だった…

 

 

アクネ菌を殺菌して黒ずみの元になるニキビ対策をする

アクネ菌は誰にでも存在する常在菌のひとつです。

 

ニキビの原因となるアクネ菌は、ニキビが発症し易い人だけにおける菌ではありません。
私達の肌には常在菌と呼ばれる菌が存在していますが、肌の割合をコントロールする為に必要な菌もあります。
一般的に知られているのがブドウ球菌だ。

 

こういうブドウ球菌と共に、性別を問わず素肌にとりわけ手広く存在しているのがアクネ菌だ。
誰にでもいる為に、ニキビはどんな人にもできる可能性があるものなのです。

 

アクネ菌 殺菌

アクネ菌の特質とは?

 

アクネ菌の特質としては、皮脂を結構好み酸素を忌み嫌う事です。
その為、皮脂を正常に保つ事がアクネ菌を増大させず打ち切る切り口になります。

 

アクネ菌は体中のどこにも存在していますが、皮脂の分泌が特に多い体の部位に集中してあり、顔、背中、胸などにニキビができてしまい易いのはその為だ。
皮脂の分泌量とアクネ菌は密接な関係がありますので、その特質を理解する事でニキビの対策を効果的に行う事が出来ます。

 

アクネ菌は洗顔で殺菌するのが良い?

アクネ菌は洗顔の時に完全に殺菌するのが良いのでしょうか?
各メーカーがニキビ対策用の洗顔フォームなどを発売しています。

 

洗顔する女性

 

アクネ菌はニキビの発生に関わっていると言われていますが、

 

本当のところ、
アクネ菌を洗顔時に完全に殺菌するのが良いのか、調べてみました。

 

結論を先に言ってしまうと、
アクネ菌は洗顔で完全に殺菌しない方が良いです!

 

というのも、

 

確かに、数が多くなりすぎると、アクネ菌は悪い働きをし、
ニキビの原因となることもあります。

 

しかし、アクネ菌の役割として、

■アクネ菌は、皮脂を分解し、脂肪酸とグリセリンにしてくれます。
この2つは、皮脂膜の成分となってくれ、
肌の保湿やバリア機能の役割を果たしてくれます。

 

■アクネ菌を洗顔で殺菌しすぎると、強力な浄化力が必要です。
さらに結果として皮脂膜が失われるので、
肌が乾燥してしまいニキビの原因が多くなります。

 

つまり、アクネ菌が増えすぎた場合は、
洗顔である程度殺菌した方が良いですが、
完全に殺菌してしまうと逆にニキビが悪化してしまうということです。

 

このバランスは人それぞれの肌によって違うので、
難しいですが、自分ベストな洗顔を見つけていくしかないですね。

 

アクネ菌に抗生剤は効くの?

アクネ菌に抗生剤で効くものはあるのでしょうか?
調べてみました。

 

まず、アクネ菌は赤ニキビの原因となっています。
特に赤ニキビの場合は、抗生剤でアクネ菌を減らせれば有効です。

 

実は、ニキビで皮膚科を受診した時にも抗生剤は処方されます。
つまり抗生剤はアクネ菌に有効だと、皮膚科でも認識されています。

 

特にニキビに良いとされている抗生剤は、

リンコマイシン系抗生物質といわれるクリンダマイシン。
もしくはニューキノロン系抗生物質のナジフロキサシンなどがあげられます。

 

リンコマイシン系の抗生剤の方が効果が高いと言われていますが、
逆に副作用も強いとされています。

 

またアクネ菌に抗生剤を長く使用していると、
耐性ができてしまい効果が薄くなってしまいます。

 

どちらにしても基本的に皮膚科で処方されるので、
アクネ菌に抗生剤は自分で判断しない方がよさそうです。

 

アクネ菌とニキビの関係はどんな感じ?

 

ニキビは皮脂や角栓などで毛穴が塞がるといった場合に発生します。ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状勢が白ニキビ、(めんぽう)とも呼ばれていらっしゃる。どんどんアクネ菌が増大して炎症が起こると、赤ニキビや黄ニキビに悪化してしまいます。そうならないためには、規則正しい洗いでアクネ菌を増やさないことが大切です。

 

顔ニキビとアクネ菌の関係性とは?

 

アクネ菌の呼び名はプロピオニバクテリウム・アクネスっていい、常在菌の一種だ。常在菌というのは、普段から人間の体にいる菌に関しまして、代表的なものには腸内細菌が挙げられます。アクネ菌も他の常在菌と同様に、善玉菌と悪玉菌が存在するといわれています。皮脂に憧れ、増殖する特質があります。異常な増大をしなければ問題はありません。

 

殺菌成分の使い方について
たとえば、ニキビは思春期の頃にやけに手広く出来ますが、この頃は細胞分裂も前向きで、皮脂の分泌が本当に多い年代であり、そのせいでアクネ菌が目立ち易いということが理由になっています。

 

皮脂が過剰に分泌患うといった、毛穴の中に余分な皮脂が詰まってしまい、そこにアクネ菌が増えてしまう。
よってこういった時世の皆さんは殺菌作用の力強い成分によるほうが
完治までの速度も少なく、ティーン部類向けのアクネケア製品にも手広く活用されていらっしゃる。

 

一方で大人になった後にこなせる、いわゆるおとなニキビの場合は、体の免疫が弱まっていたり、細胞に潤いが足りなかったりといった、複数の状況が絡んでいらっしゃる。
そういった場合に刺激の強い成分によると、素肌そのものに大きなダメージを受けてしまい、中にはリアクションでホルモンバランスを乱したり、肌質がパッという変わったりといったおもわぬ不便を引き起こしかねません。

 

そのため各コスメメーカーは年代ごとに負担がかからない成分を選び、その人の状態によって出向く道筋というやり方ができるニキビ専用の化粧水なども販売されています。
大人になってからのアクネ菌対策には、こういったものを効率よく使用することが必要です。

 

アクネ菌の殺菌には温度は何度くらい?

アクネ菌の殺菌は温度が何度になることが必要なのでしょうか?
薬やクリームを使わずに殺菌できればありがたい気もしますね。
調べてみました。

 

お湯

 

なんと
アクネ菌を殺菌できる温度は約65度でした。。

 

他の多くの菌は約100度くらいで殺菌できるといわれているので、
それよりは少し低い温度になっています。

 

ただ、さすがにこの温度のお湯を顔にかけて
洗顔することは不可能ですね。

 

洗顔時に温度をあげるだけで殺菌するのは
諦めた方がよさそうです。

 

そもそもアクネ菌にも善玉菌と悪玉菌がいるので、
全てを殺菌してしまうのはニキビや肌にとってもよくないです。

 

確かに増えすぎるとニキビの炎症がひどくなって、
赤ニキビになったり、さらに悪化したりします。

 

アクネ菌の殺菌は薬や洗顔、
クリームなどで適度に行うのが良いです。

 

少しくらい高い温度での洗顔では、
殺菌には意味がないですから。。